So-net無料ブログ作成
検索選択

定量分析と意思決定 [書評]


MBA定量分析と意思決定

MBA定量分析と意思決定

  • 作者: グロービス・マネジメント・インスティテュート
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2003/09/05
  • メディア: 単行本



(評価:★★★☆☆)
久々にグロービスの本を読んだ。この本の約1/3程度はハンドブック的に主要な指標の説明に割かれているので、じっくり読まないといけない部分が少なく比較的短時間で読むことができる。

分析を行う上で重要なことは目的の設定と仮説(切り口)を明確にすることやベンチマークとの比較である。第6章「定量分析を意思決定に活用する」では実際のビジネスケースでその重要性を確認することができる。なので、第1章から読むよりも第6章を最初に読んだ方がイメージがわくので理解しやすいかもしれない。

統計的方法の基礎や損益分岐点分析などの分析Tipsも一部紹介されているが、これらは片手落ち。入門程度だと割り切った方がよいだろう。業務に統計的分析の導入を図るのであれば他の書籍を読む必要がある。

パテントマップを作成する必要がある知財人材にも有用な本であると言える。とりあえず情報を収集すれば分析できるのでは?などと思っている楽観的な人には読むことを強く薦める。目的や仮説の設定が不十分だったり、定量分析の限界をわきまえていないと何も言えない(或いは何を言っているのか不明瞭な)資料が出来てしまう。それでは時間と金の無駄。この本で分析の心構えを身に着ければ根本的なミスをしないですむかもしれない。

ベイズな予測 [書評]


ベイズな予測―ヒット率高める主観的確率論の話

ベイズな予測―ヒット率高める主観的確率論の話




評価:★★☆☆☆
読んだ。入門書なので1~2時間もあれば読めてしまう。通勤電車に最適と言ったところだろうか。でも、不満だ。時間と金を返して欲しい。不満ポイントは以下のとおり。

・入門者のために事例をたくさん使っているのはいいが、文章がばかりで図表が少なくまるでイメージできない。

・2章でナイーブベイズの紹介がなされているが、他のアルゴリズムベンチマークとして比較していないのでメリットとデメリットが把握しずらい。ベイズを使ってみようという気にならない。

マイクロソフトの社員が著者であるため、3章にマイクロソフト製のマイニングソフトが宣伝されている。これも同様にいろいろあるマイニングソフトの中でなぜマイクロソフトのものを使わなくてはいけないのか分からない。

つまるところ、我田引水的な本なわけです。ベイズを使う目的・対象データ・ツール・プログラミングの方法などが見通しよく配置されているわけではない。そういう意味では全く初心者用ではないと思う。なんとなくベイズの空気を感じられるだけ。それならWebで調べた方がいいんじゃない。無料だし。

思考の整理学 [書評]


思考の整理学 (ちくま文庫)

思考の整理学 (ちくま文庫)




評価:★★★★☆
情報の収集や分析をやる人間にとっては有用な書だと思う。定性分析にも定量分析にも使えるだろう。ただ、思索を重視した業務を行っているならば自然と身についている知恵も多いのではないだろうか。「寝させる」や「すてる」など情報過多の時代における情報との付き合い方が以下のように記されている。

「いや、くよくよすることはないさ。明日の朝、七時には解決しているよ」。 いまここで、議論するより、ひと晩寝て、目をさましてみれば、自然に、おちつくところえおちついている、ということを経験で知っていたからであろう。 ・・・(略)・・・ 考えるときも同じことが言えそうだ。あまり考えつめては、問題の方がひっこんでしまう。出るべき芽も出られない。一晩寝てからだと、ナベの中はほどよく煮えているというのであろう。


調査や分析でどうにも煮詰まってしまったら、寝るとか散歩でもしているうちになんだか良い考えが浮かぶことがある。納期前でどうにも急いで根詰めてやるとミスが多いわりに中身が薄い報告書ができたりする。ある程度のレベルまで仕上げたらしばらく寝かした方がよい。そんな思考のヒントがこの本には散りばめられている。

なぜこのようなことが起こるのだろうか。対象から視点をずらして間をおく。すると、大事なものとそうではないものとの区別がつく。そうして、大事なもののネットワークが頭の中で構築されるだ。そう小室先生流に言えば、「現実にあるものだけを抽象し、他の多くを無視して捨象する」。モデル化だ。

眠ったり散歩したりすると情報が抽象化され雑多なものは捨象される。知識がモデル化されるのである。一度、単純なモデルが構築されれば、あとはそれを複雑にして奥深い思考へと昇華させることができる。「寝かせる」とか「すてる」と言うのは、要するにモデリングのことだったのである。などと、評者は解釈した。


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。