So-net無料ブログ作成
検索選択

人間は合理的ではない(書評「意見分析エンジン」) [テキストマイニング]


意見分析エンジン―計算言語学と社会学の接点

意見分析エンジン―計算言語学と社会学の接点




ようやく仕事が落ち着いたので私的な研究活動を開始した。テキストマイニングの研究室の出身なので次の研究も言語処理が起点になる。私の興味は人間の感情と行動にある。従って、テキスト情報から行動とその動機を分析可能とすることが興味の中心になると考えてこの本を読んだ。

CGM(Consumer Generated Media)とその周辺について自然言語処理の観点のみならず、「社会学」の観点から記述されている本作はとても面白く読めた。1~3章は社会学における意見分析に関する既存研究のサーベイになっており、その文脈の中で自らの研究を位置付けている。4章は自然言語処理分野における意見・評価分析の見通しのよい総説となっており、5章では筆者の一人である大塚裕子氏の博士論文の要約版になっている。すなわち、社会学と自然言語処理の文脈の上に立脚した研究が志されているわけだ。

この研究の意義はこれまで工学の一分野にすぎなかった自然言語処理が社会学の文脈の中に位置づけたことにつきる。意見分析周辺の社会学研究が整理されており小気味いいのである。しかし、一方で5章の実際に展開されている研究の議論は、(筆者も言及しているが)やや尻つぼみになってしまっている。それまでの社会学の議論の多くが無視されており、あまり個性のない実験(SVMなどの分類器を使った意見分類)が展開されている。意欲は評価できるが両分野の融合という観点では大いに課題を残した結末となっているのが残念だ。

このような学際的な研究は今後も大いに展開されるべきと思う。言語処理技術だけでは技術革新に限界があるだろう。言語処理は人間の行動を分析するためのツールにすぎない。分析結果を適切に解釈するためには社会科学の知識が役に立つ。言うは易しだが、文理融合的な研究が今後はますます重要になる。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。