So-net無料ブログ作成

MCMC [統計学]


ベイズ統計データ解析 (Rで学ぶデータサイエンス 3)

ベイズ統計データ解析 (Rで学ぶデータサイエンス 3)

  • 作者: 姜 興起
  • 出版社/メーカー: 共立出版
  • 発売日: 2010/07/24
  • メディア: 単行本



また新たなベイズ本が出版された。ここ数か月はベイズ本が出版ラッシュにあって飛ぶ鳥を落とす勢いである。無料のRの普及とともにベイズも一般化していくのだろう。

ところで、↑に挙げた本はRのソースコードが丁寧に書かれていることが特徴のようだ。Rのパッケージをインストールしてどうこうという話ではなく、関数のプログラミングが一から説明されていて、コードを読むことによってベイズの中身がどうなっているのか理解可能になっている。これは、少なくとも日本語の類書には例を見なかったのではないだろうか。

小生は普段SASを使っている。SAS9.2ではmcmcプロシージャなるものが標準で搭載されているので↓のサイトでもみて遊んでみようかなと思っている。そろそろ本格的にベイズを実務に導入すべき時に来ている気がする。

http://d.hatena.ne.jp/triadsou/20091204/1259922014

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。