So-net無料ブログ作成
検索選択

ビッグデータ時代のマーケティング―ベイジアンモデリングの活用 [ビッグデータ]





新たにビッグデータ関係の本が出版されました。
その名も「ビッグデータ時代のマーケティング

ちょっとあまりにも今の時代を意識し過ぎていないか!?というタイトルですが、内容は極めて硬派です。それもそのはず著者の佐藤博士は筑波大学ビジネス科学研究科(GSSM)の先生で、共著者である統計数理研究所所長の樋口先生と前所長の北川源四郎先生のお弟子さんであられます。つまり、日本の正統なベイジアンでいらっしゃるわけです。

そういうわけで、状態空間モデルをPOSデータに適用して"One to One"マーケティングを高度化するという佐藤先生の研究業績がビジネス向けの文体で分かりやすく書かれています。ビッグデータの時代でも顧客毎にパラメータを推定しようとするとデータ不足となり、これを解決するにはベイズ的なアプローチがどうしても必要になるという今日的なトピックが扱われており非常に参考になります。

階層ベイズなどの手法についても図を多用して解説されており、入門者の理解を助ける工夫が随所に見られ好感を持ちました。パラメータとデータの関係をグラフィカルに記述するDAG(Directed Acyclic Graph)というものがあると知り勉強になりました。企画のためか、数式は最小限となっており、また、Rなどのプログラミングコードなどは出てこないので、これらは他書で補う必要がありますが(本書の最後にある参考文献がとても有用です)、ビッグデータ時代の硬派な数理マーケティングの方向性を理解できる良書だと思いました。

POSデータの分析本は他にもありますが、最新のベイジアン時系列分析にフォーカスしているマーケティングの和書はこれが初めてでしょう。買いの一冊です。

■参考文献
・データ解析のための統計モデリング入門

データ解析のための統計モデリング入門――一般化線形モデル・階層ベイズモデル・MCMC (確率と情報の科学)

データ解析のための統計モデリング入門――一般化線形モデル・階層ベイズモデル・MCMC (確率と情報の科学)

  • 作者: 久保 拓弥
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2012/05/19
  • メディア: 単行本


この本もベイズ的なデータ解析を非常に分かりやすく解説しています。WinBugsとRのコードがあるのが嬉しいです。マーケティングと生態学はちょっと似ていると思いました。

・ベイズ統計データ解析 (Rで学ぶデータサイエンス 3)

ベイズ統計データ解析 (Rで学ぶデータサイエンス 3)

ベイズ統計データ解析 (Rで学ぶデータサイエンス 3)

  • 作者: 姜 興起
  • 出版社/メーカー: 共立出版
  • 発売日: 2010/07/24
  • メディア: 単行本


・こちらの本はカルマンフィルターなどの時系列解析の理論とRコードが詳述されています。初級~中級者の役に立つ内容となっています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。