So-net無料ブログ作成

経営戦略の三位一体を実現するための特許情報分析とパテントマップ作成入門 [知財]


経営戦略の三位一体を実現するための特許情報分析とパテントマップ作成入門

経営戦略の三位一体を実現するための特許情報分析とパテントマップ作成入門

  • 作者: 野崎篤志
  • 出版社/メーカー: 発明協会
  • 発売日: 2011/12/09
  • メディア: 単行本



パテントマップの本が出版された。著者は日本技術貿易(NGB)の野崎さんである。野崎さんとは数年前にパテントマップのセミナーで知り合って以来、twitterやfacebook等で情報交換をさせて頂いている。本書の製作過程で何度か感想・コメントを送らせていただいたところ、野崎さんよりご献本頂いた。ありがたいがぎりである。

野崎さんと私は共通点が多い。特許調査・分析をキャリアのスタートにしていたり社会人大学院に通って自己研鑽に励んでいたり、データ分析に高いプライオリティーを感じていたり、おまけに年も近いといったところである。私は特許業界の外に出たが、大量のデータ分析を企業経営に活かしたいという点では同じ志を持っていると言っていいだろう。

さて、本書をざっとレビューしたいと思う。この本の最大の特徴は「企業経営」という視点から特許情報分析(パテントマップ)を捉えているという点につきる。特許情報は多面性を備えている。技術情報だったり法的情報だったりする。しかし、今までは経営情報としての特許情報に光を当てた書籍は少なかったのではないかと思われる(少なくとも日本では)。単なるパテントマップの作成法に留まらずそこから経営的な意思決定に有効なインテリジェンスを抽出することが分析の要だ。そういった観点からのアプローチを試みている本書の態度は実に正しいと思っている。

一方で、「パテントマップ作成入門」の「作成入門」という言葉にあるように、前提となる知識なしでExcelさえあればパテントマップを作成できるようにビジュアルをふんだんに取り入れた記述も評価したい。バブルチャートなど有効なパテントマップの作り方が非常に分かりやすい。初心者はこれ一冊あれば一通りのパテントマップの作成法と解釈のコツがつかめるのではないだろうか。

このようにバランスのよい本書であるが、「入門」ということなのでこれを基礎としてより高度な分析に旅立つべく、ここでは次の3つの方向性を提案したい。

①経営学を身に着ける
「経営」的な側面に興味が湧いたならば「特許」という枠を超えて、本格的な「経営学」の本を読みこなし、又はMBAに入学するなどして論理武装するという方向性がある。数年前から日本でもビジネススクールが乱立しており、敷居の高い海外に行かなくても先端の経営学が学べる環境が整いつつあるのでやる気次第で国内にいても相当の事を身に着けることができる。

②データ分析を深める
「データ分析」を深めたいならば、「パテントマップ」という枠を超えて、Rを使った数理モデリングやデータビジュアライゼーションを学ぶという方向性があり得る。多変量解析や機械学習の知識の習得が分析をさらに深いものにする。専門書には高度な数式が出てくるが、工学部1年生までの線形代数・微分積分・確率統計の知識があれば読みこなせる本が多い。なので、高校数学をざっと復習して+αの数学知識を勉強すれば読みこなせてしまうので臆する必要はない。

③処理を効率化する
パテントマップ作成を効率化したいならば、Excel VBAやその他のプログラミング言語でパテントマップ作成を自動化してしまうという方向性がある。パテントマップの本質は「作ること」ではなく、「結果を解釈して考察」することにある。作る時間が減れば考える時間が増える。パテントマップを作るには、煩雑で地道なデータハンドリングに多くの時間を割かなければならない。なので、単純作業の部分はプログラムを書いてクリック一発で出来るようにしてしまうと、大幅に作業が効率化するだろう。初心者がプログラミングを習得しようとすると最初は時間がかかるが、後になれば大きく作業工程を短縮することができる。巷のパテントマップソフトで代用する方法もあるが、このようなソフトはかゆいところに手が届かない場合が多い。かゆいところをかきむしるには自分でプログラミングするのが近道なのである。涙と血を流しつつプログラミングを習得するとがらりと世界が変わる。

「経営戦略の三位一体を実現するための特許情報分析とパテントマップ作成入門」はこのように多様な展開へと繋がる導入となる。是非とも手元に置いておきたい一冊である。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

弁理士Y


メッセージをお送りしようと思いましたが、リンクエラーになってしまいました。コメントにて失礼致します。不適切でしたら、削除ください。

この度、メルマガを創刊し、無料レポートを作成致しました。
貴ブログ読者の方にも有益な情報と考えますので、
よろしければ、相互紹介をお願い致します。

私のメルマガは、読者が少ないですので、
貴ブログ にとって現時点でのメリットは少ないかもしれません。
そこで、無料レポートも作成しましたので、ご活用ください。
読者数が増えますと発行にも力が入りますので、
是非ともよろしくお願いします。

メルマガ「弁理士が送る 中国語と英語で特許公報を読む! 」
http://www.mag2.com/m/0001448790.html

無料レポート「日本に居ながら、中国語と英語の速読が効率的にできるようになる方法」
激増 http://www.gekizou.biz/report.php?cid=1053927
れぽまがhttps://repomaga.jp/download.php?id=17431

お忙しいところ申し訳ございませんが、
ご検討をお願い申し上げます。

弁理士Y
*仕事の性質上、本名ではありません。大変、申し訳ございません。


by 弁理士Y (2012-03-07 12:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。