So-net無料ブログ作成
検索選択

知財のプロは弁理士だけではない [知財]

知財といえば弁理士だ。弁理士は、特許法などの知的財産法を駆使した問題解決を行うプロフェッショナルである。だが、知財の領域は広い。弁理士だけが知財のプロフェッショナルであるというわけではない。彼らは少なくとも法律の専門家であるが、その他の専門知識があるわけではないのである。

例えば、特許調査を行うサーチャーには特許法の基本的な知識は必要だが、重箱の隅をつつくような特許法の知識は不要だ。サーチャーにとって弁理士資格があるとそれなりに得をすることもあるが必須というわけではない。基本的に目的に沿った先行技術文献を得ることがサーチャーの役割の中心だからである。なので、特許サーチャーの中には弁理士資格がなくても凄腕の人間はたくさんいる。

加えて、現行の弁理士試験制度のもとでは、日本国内の知財に関する法律の試験が課されている。ところが、今はグローバル社会。知財の仕事をやっていると米国や欧州を対象とした業務も行わなければならなくなる。そうすると、外国語や外国の知的財産法に関する知識も必要になってくる。国内法のみしか知らない弁理士は、このような局面になるとあまり役に立たない。

弁理士試験をクリアするには金も時間も必要だ。ところが、現行の試験制度では知財の領域のほんの一部しか対象領域にしていないにも関わらず、試験に合格するためには相当な負担が発生することになる。なので、知財分野でキャリアアップを考えている人は弁理士資格にこだわりすぎると損をすることになるかもしれない。人生の時間は限られているのだ。自らのキャリアの方向性を入念に考えた上で、弁理士試験に参入するかどうかを検討したほうがいいだろう。

例えば、筆者は弁理士資格の取得はせずに、国内の夜間ビジネススクール(筑波大学大学院 ビジネス科学研究科 経営システム科学専攻)で2年間学んだ。応用統計学やデータマイニングを駆使して経営現象を分析するスキルを身に着けることができた。だが、実は、このような分析技術を身につけるのはなかなか難しい。なぜなら統計やマイニングに関する資格がないし、教育機関が少ないからである。身に着けようとすれば、それこそ大学院にでも通うか、独学で知識を修得するしか途はない。

弁理士を取得せずにビジネススクールに通ったことは今のところ正解だったと思っている。知財の世界では学べない多くの知識が得られ、かつ多方面に知り合いが増えた(ファンドマネージャーや医者など幅広い同級生に恵まれた)。一番の収穫は、視野が広がったことである。弁理士の勉強ばかりしていたら狭量な視野になっていたことだろう。

私はこれからも弁理士資格を取得するつもりはない。ニーズがあれば知り合いの弁理士に頼めばよい。そんな時間が有るならば、統計や機械学習の分析手法や外国語をマスターした方がはるかに良いというのが、筆者の価値観なのである。そういう価値観の元では、弁理士試験のための勉強はむしろ多大な機会損失になってしまうのだ。何度も言うが、人生に与えられた時間は限られている。資格試験にこだわりすぎず、自分のやりたいことをやるための近道を探ることを勧める。



国内MBAスクールガイド

国内MBAスクールガイド

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2002/05
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 2

さすらいの知財マン

はじめまして。メーカーで特許担当をしています。

金融だったり、ITだったり、他の分野の技術を持ってくることで、日々生み出される知的財産がさらに有効に生かされるように思います。

おもしろいアプローチだと思うので、これからもチェックさせていただきます!
by さすらいの知財マン (2009-09-22 21:08) 

パトリック・シルベストル

コメントありがとうございます!さすらいの知財マンさんが本ブログ初のコメンテーターです。

知財とファイナンスとデータマイニング(モデリング)の融合にはまだまだ時間がかかりそうですが、Only one のアプローチを構築すべく頑張ります!長い目で見守って頂ければありがたいです。
by パトリック・シルベストル (2009-10-05 16:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。